日々のメモ帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 銚子口

<<   作成日時 : 2006/11/12 23:04   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 かつて,大沼から鹿部の温泉街まで大沼電鉄というのが伸びてたそうで,ウィキによると,国鉄の砂原支線が1945年6月に開通したことで一旦廃止されたものの,1948年1月16日に銚子口〜鹿部温泉で復活,でもって,それも5年と持たずに1952年12月25日に再び廃止というなかなか波乱に富んだ人生(!?)を歩んだらしいです。

画像

 昨日の銚子口駅。 あいにく,雨にたたられてしまい,傘をさしながらの撮影でした。風も結構強くて撮影には意外と難儀しました。次の機会には大沼電鉄跡の探索もしてみたいものです。

画像

 「ながれやまおんせん」の字だけ,妙に新しいです。銚子口の前の駅はかつては池田園だったんですが,5年くらい前にJR北海道が温泉を掘り当て,流山温泉と名付けて温泉施設をつくって,駅までつくってしまいました(2002年4月27日開業)。
 まあ,でも私の見たところ,JRで流山温泉に行く人は皆無で(普通列車しか停まらんし),皆さん,車で日帰り入浴を楽しんでいるみたいです。すぐ近くに東大沼温泉もありますし,活火山・駒ヶ岳のふもとだけあって,さすがに温泉には事欠かない地域です。

画像

 偶然にも長万部発函館行きの普通列車が到着。悪いことばかりではないようです。

画像

 もちろん,乗降客はまったくなし。あっという間にさようなら〜。

画像

 ついでに東大沼温泉,ホテル白樺まで行ってみました。隣に留の湯という小さな旅館もありましたが,どちらも結構混んでるみたいで,ちょっとびっくり。
 結局,風呂にも入らず帰りましたが,時間のあるときにゆっくりつかりたいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。温泉が恋しい季節になってきましたね〜♪誰も、乗降しない電車での旅っていうのも、何か一人じめしたみたいで、いいですね。情緒あふれていてとてもいい感じです。
みい
2006/11/13 23:45
みいさん,こんばんは。
こちらは昨日今日と肌寒さを一気に通り過ぎて寒くてブルブル震えまくってます(笑)。
最近,なかなか誰も乗ってないローカル線もなくなってきましたが,情緒を求めていろいろ訪問していきたいですね。
kana
2006/11/14 23:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
銚子口 日々のメモ帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる