日々のメモ帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 熱海と鉄道(その1)

<<   作成日時 : 2008/01/11 00:22   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 何か教科書の目次のタイトルみたいですが・・・。
 
 1872年(明治5)新橋−横浜間に日本最初の鉄道が開通しました(厳密に言うとトロッコ形式の鉄道なら茅沼炭鉱(北海道泊村)と生野銀山(兵庫県生野町)で明治2年から運行していますが)。
 
 その後,1887年(明20)に鉄路は国府津まで開通し,1889年(明22)国府津−静岡間が開通しましたが,これは今の御殿場線ルートで開通しました。
 
 となると,取り残された熱海はあっという間に人通りが少なくなって寂れるばかりとなってしまいました。
 
 熱海といえば当時から,夏の軽井沢,冬の熱海,として保養地で名をなしていた町でしたから,復権のためには,なんとしてでも鉄道を引かなければならない。
 ということで,国府津−小田原−箱根湯本を結んでいた小田原馬車鉄道(1888年(明21)開通)の小田原駅を起点に熱海まで,雨宮敬次郎と地元有志が協力して,1896年(明29)人車軌道を開通させました。
 
 人車軌道というのは,人がトロッコを押して旅客を運ぶ原始的な方式の軌道です。
 まあ,こんな感じです↓
画像


 この豆相人車鉄道(ずそうじんしゃてつどう)の終点「熱海駅舎跡」は現在の熱海の駅から歩いて5分ほどの「南明ホテル」の玄関口にあります↓


画像


 その後,豆相人車鉄道は熱海鉄道→大日本軌道→熱海軌道組合と名を変え,1907年(明40)からは軽便鉄道となり蒸気機関車が走っていましたが,1923年(大12)の関東大震災で大きな被害を受けて廃止されてしまいます。
 しかし,1925年(大14)鉄道省熱海線が熱海まで開通し,ようやく熱海まで国有鉄道がつながりひと安心。丹那トンネル工事も成功し,1934年(昭9)には熱海−沼津間が開通,熱海線はついに東海道本線に昇格。めでたしめでたしということで。
 
 最後の写真はアングルがあまり良くありませんが,現在の熱海駅に停車中の東海道本線,熱海発東京行き。
画像


 ちなみに撮影はH19.11.24です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。お久です♪熱海の歴史ってすごいですね。勉強になりました。昔は、人が車を押していた時代があったんですね。今思えば、鉄道も目覚しく進歩したものです。
みい
2008/01/13 00:52
 みいさま。
 こんにちは。
 人車軌道については,名前は知っていましたが,イメージはいまいち掴んでいませんでしたが,私も豆相人車軌道の説明版を見てよく理解できました。
kana
2008/01/14 17:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
熱海と鉄道(その1) 日々のメモ帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる