日々のメモ帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 名寄本線(遠軽〜湧別)

<<   作成日時 : 2010/08/17 01:04   >>

トラックバック 1 / コメント 0

名寄本線(中湧別〜紋別)
名寄本線(紋別〜興部)
湧網線(中湧別〜計呂地)

 名寄本線といえば、現在の石北本線より先に、札幌や旭川から遠軽や北見に接続する路線として1921年に名寄−遠軽138.1km(中湧別−湧別4.9kmの支線あり)が開通したそうですが、1932年に石北本線が全通すると幹線としての地位を奪われてしまい、沿線人口の減少などもあって1989年4月30日に全線廃止となりました。
 古い話ですが、名寄本線には廃止直前に少し乗ったことがありますので、久しぶりにその跡を(一部ですが)たどってみることにしました(2010.8.7撮影)。

 まずは、一方の起点、遠軽駅。駅舎は昭和7年に建てられたものがそのまま使用されてます。年月の重みを感じる良い雰囲気の駅舎です。
画像


 開盛駅跡。名寄本線の前身、湧別軽便鉄道時代に一時期(1915年)終点の駅でした(当時の駅名は社名淵)。1916年に湧別まで延伸されて、終着駅の座をすぐに降りることになりました。今は牧草地帯になってます。
画像


 中湧別駅跡。湧別への支線と勇網線(中湧別−網走)が別れていたかつてのターミナル駅だけあって、地元でも愛着が深いのか、比較的きれいに駅跡が残されていました。
 当日、中湧別駅前の広場でお祭りがあったようで、テントがはってあったりと意外と賑わっていました(遠軽側より撮影)。
画像


 「JNR」の文字が妙に生々しい感じです。
画像


 反対に回ると(湧別側)、ラッセル車の顔も見えます。
画像


 駅名板も当時のものが残されていました。
画像


 乗り換えの案内板もなつかしい感じです。
画像


 支線の終点、湧別駅跡は開盛と同じく跡碑のみでした。消防署になってました。
画像


 こういう写真を載せると自分が歳を食ったことを自覚していや〜な気分になりますので避けてきたのですが、資料的な意味合いで当時の湧別駅の写真をペタリ(1989.3.29撮影)。
画像


画像


画像

 何か胸が張り裂けそうな気持ちになるんですが気のせいでしょうか・・・。

 中湧別−湧別の支線には中間に四号線という仮乗降場がありました。今は支線自体が町道になっており、四号線の跡は公園になってます。
画像


 当時の四号線仮乗降場です(1989.3.29撮影)。
画像


 駅名板はこんな感じ。1日2往復の雰囲気が良いですね。
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
北の飽食
 延べ15時間に及ぶ張り込み調査を終えて帰還します。  しかし、駅がなくなってし ...続きを見る
においの事件簿
2010/10/24 10:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
名寄本線(遠軽〜湧別) 日々のメモ帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる