日々のメモ帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 国鉄美幸線(仁宇布)

<<   作成日時 : 2010/09/23 22:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 美幸線(美深〜仁宇布・21.2km)といえば、かつては日本一の赤字線で名を馳せましたが、1985年9月に廃止となりました。
 終点の仁宇布駅は今はトロッコ王国になっているとのことで、様子を見に行ってみました。ただ、行った時間が遅かったので営業時間は終了していましたが・・・(撮影はいずれも2010.8.9)。
 まずは仁宇布駅前にある美幸線記念碑から。
画像


 そして、いよいよトロッコ王国へ。
画像

画像


 仁宇布駅のホームが健在なのは嬉しい限りです。
画像

画像

画像


 美幸線の前身は美深森林鉄道(殖民軌道)でした。美深森林鉄道は1935年4月に開業し、当初は馬鉄で殖民軌道としての運行でした。道北の軌道らしく、冬期はお休みだったそうす。そして、1942年3月に森林鉄道に転換し、機関車も導入されました。しかし、1956年に材木輸送がトラック輸送になり、再び殖民軌道になり、1962年の秋についに廃止となりました。そして、その後1964年10月に国鉄美幸線として同じルートで復活しました。
 仁宇布駅構内は、かつての森林鉄道の終点らしく、広めのつくりになってます。
画像

 
 仁宇布から歌登を経て、北見枝幸まで結ぶ予定だった路盤には、保存されているのか微妙な保存車両の置き場になってました。
画像




歌登町営軌道
幌延町営軌道(問寒別線)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
国鉄美幸線(仁宇布) 日々のメモ帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる