11月の留萌本線(阿分を中心に)

 留萌本線は8月に留萌~増毛の全駅を撮ってきましたが、そのなかでも、阿分がとても印象に残ったので、もう一度行って見ようということで、2015.11.14に再び訪問しました。  阿分のこじんまりした姿は、何とも魅力的でついつい見入ってしまいます。  背後の建物は阿分小学校です。2015年3月いっぱいで閉校したとのことで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根北線

 根北線は1957(昭32)年11月、斜里~越川間開業。1970年11月廃止。戦後の北海道では胆振線の京極~脇方間に次いで2番目に廃止された国鉄線です。  今回は終点越川側から斜里(現・知床斜里)に向けて探索して見ました。(2015.9.20撮影)  根北線の歴史は知床博物館のHPに詳しいですが、知床博物館では、越川駅の駅名板の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東藻琴村営軌道

 東藻琴村営軌道は、1935(昭10)年10月、藻琴~東藻琴開通。  1938年5月に東藻琴~山園が開通し、藻琴線が全通。  1949年12月に東洋沢支線(福山~東洋沢)開通。  1961年10月、藻琴~東藻琴が廃止。  1962年8月、東洋沢支線廃止。  1965年9月、東藻琴~山園が廃止で全線廃止。  ということで、全線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根室拓殖鉄道

 根室拓殖鉄道は、1929(昭4)年10月、根室~婦羅理間開業。同年12月に婦羅理~歯舞が開業。1959(昭34)年6月廃止となってます。跡は無いに等しいんですが、とりあえず追って見ようということで。(2015.9.20撮影)  まずは起点の根室から。根室といっても、現在のJR根室本線の根室ではなく、少し離れた根室交通の有磯営業所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日甜専用軌道(小清水町)

 日甜専用軌道は、1941(昭16)年8月に北海道製糖株式会社小清水専用軌道として開通し、1947年に日本甜菜製糖株式会社に移管され、1952年12月に廃止されました。  古樋駅(現浜小清水駅)から水上を結ぶ約18kmの軌道で、途中駅は小清水駅のみ。その小清水駅も1939年8月に廃止された北見鉄道(仮止別~小清水)の小清水駅を転用した…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

北見鉄道

 北見鉄道は1930(昭5)年6月開業、1939(昭14)年8月廃止の何とも活躍期間の短い鉄道です。  営業期間が短かっただけでなく、起点が釧網本線の止別駅前の仮止別駅で、次に途中駅の野坂があって、終点の小清水に至る、3駅、8.7kmの規模も小さな鉄道です。(2015.9.20撮影)  それでは、まず釧網本線止別駅の様子から。「…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

標津線(厚床~中標津)

 標津線シリーズの最後ということで。  ↓こちらもご覧くださいませ。  標津線(根室標津~中標津)  標津線(中標津~標茶)  写真は断りがない限り、2015.9.20撮影です。  まずは、起点の厚床から。  厚床駅前。かつては殖民軌道根室線(のち風連線(1964年廃止))の起点があった場所とのことなんですが、さ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

東追分

 2016年3月で廃止予定の東追分。2015年9月27日に行ってみました。1965(S40)年3月開業と比較的新しい駅です。  まずは道道462号線の標識から。  この標識の向かい側には追分ファームの看板もありました。天皇賞馬フェノーメノなどを輩出した社台グループの牧場です。東追分は追分ファームの最寄り駅でもあります。と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花咲

 2016年3月いっぱいで廃止の報道のあった根室本線花咲駅。行けるうちにということで、行ってみました。(2015.9.20撮影)  花咲は「ハナサキガニ」の名前の由来ともいわれており、一般的にもよく耳にする地名ですが、花咲の中心は何といっても「花咲港(正式には根室港花咲港区)」で、外国(主にロシア)からの貨物船や豪華客船の寄港はも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

標茶町営軌道(沼幌支線)

 中御卒別から分かれていた沼幌支線は、1966年6月から1970年11月まで運行した短命線で、運行距離もわずか6.5km。はかない感じの路線ですが、なぜか遺構はしっかり残っているという優れものです。  沼幌支線は、本線との分岐点・中御卒別から分かれると、しばらくは国道274号線と重なったり寄り添ったりで、大体国道か牧場に吸収される…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

標茶町営軌道(その2)

 標茶町営軌道(その1)のつづき  開運町を後にします。(2015.5.4撮影)  開運町の次の南標茶駅跡と思われる付近。JAしべちゃ本所の裏です。(2013.11.3撮影)  さらに奥に進みます。軌道跡はある程度、砂利道でなぞれる部分もありますが、土地改良などの影響もあってか、地形自体が当時と変わっている感じ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

標茶町営軌道(その1)

 まずは現在の標茶駅から。(2015.5.4撮影)  といっても、標茶町営軌道はここまで来ていたわけではなく、標茶駅前という停留所はあったようですが、地図で見る限りは、少し離れた道道13号線沿いの標茶町旭4丁目付近にあったようです。「歩行者専用道路」の看板が落ちているあたりが終点で、この歩行者専用道路が軌道跡のようです。そもそ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

鷲ノ巣

 八雲の隣の鷲ノ巣も2016年3月廃止とのことで、びっくり。近所ということもあってノーマークでした。確かに利用客は見たことがありませんが・・・。とりあえず撮り残しておこうということで。(2015.9.5撮影)  まずは鷲ノ巣駅前のバス停から。バス停の名前が鷲ノ巣信号場前となってます。これは鷲ノ巣が1944年9月に鷲ノ巣信号場として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下白滝・旧白滝・上白滝

 報道によると、上白滝、旧白滝、下白滝も2016年3月に廃止されるとのこと。オホーツクでも車でも、これまでは通過するだけでしたが、ちゃんと撮っておこうということで。 (2015.8.23撮影)  遠軽方面から攻めて見たので、下白滝からはじまります。山あいの素朴な駅です。  下白滝駅前通り。人の住んでいる家は右側の1軒の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金華

 2016年3月のダイヤ改正とともに廃駅になると、先ごろ報道された石北本線金華駅。  これまではオホーツクで通過するだけでしたが、撮っておこうということで。  (2015.8.23撮影)  まずは国道242号(通称:置戸国道)から金華の集落に入る停車場線から。  停車場線の起点は金華橋。正面に金華駅が見えます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札沼線(新十津川~札的)

 札沼線の先端部分もそう長くはない可能性がありますから、行ける時に小まめに撮っておこうかと。   (2015.8.16撮影)  さて、まずは新十津川から。こじんまりとした終着駅です  ホームに入って見ます。  線路の終点は結構向こうです。  待合室には駅舎のイラストや駅ノートも。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十三里

 2015年度末に廃止する方針が決まったという十三里(とみさと)駅。  国道沿いにありますから、何回も素通りするばかりでしたが、撮っておこうということで。  (2015.8.17撮影)  まずは、新夕張側から見た駅の様子から。  駅名板のある建物は駅舎ではなく電気関係とのこと。  追分側からも1枚。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

留萌本線(留萌~増毛)

 ミーハーだなと思いつつ、やはり行かないわけにはいかないということで。  2015.8.16撮影です。  まずは、留萌駅から。  こちらは無くなるわけではありませんが、一応スタート地点ということで。  留萌駅は、かつては羽幌線や天塩炭鉱鉄道の起点でもあった一大分岐点でした。  その名残で、広大な敷地を誇ってまし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

蝦夷三官寺

 蝦夷三官寺とは、1804年に江戸幕府が蝦夷地の直轄寺院として定めたもので、松前(函館含む)を除いて、最も重要な拠点に置かれた寺です。  具体的には、有珠善光寺(伊達市)、等樹院(様似町)、国泰寺(厚岸町)の三つの寺ですが、面白いのは、宗派がそれぞれ違っていて、有珠善光寺は浄土宗、等樹院は天台宗、国泰寺は臨済宗となってます。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山形交通尾花沢線

 山形交通尾花沢線は1970年9月に廃止されましたが、大石田から尾花沢まで、わずか2.6kmのミニ路線です。(2010.7.18撮影)  大石田駅。いまや山形新幹線が停まる駅ですが質素なつくりです。  尾花沢線の駅があった場所は空き地に。    尾花沢線廃止後の代替バスは、かつては尾花沢線の駅側でもある駅裏から出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more