尾去沢鉱山跡

 1978(昭53)年に閉山した尾去沢鉱山は,今では史跡尾去沢鉱山として鉱山の跡を見ることができる施設として,営業しています。

 行ったのは少し前ではありますが(2008.9.21),思ったよりかなり面白かったです。
 まずは,最寄り駅の花輪線鹿角花輪駅から。
画像


 鹿角花輪駅に佇むキハ110系。
画像


 軽く現役の鉄道を見た跡は,車で10分ほどの尾去沢鉱山へ。
 道すがら,尾去沢小学校跡の碑を発見。
画像


 小学校から少し登ると,いよいよ尾去沢鉱山の象徴ともいえる大煙突が見えてきます。
画像

画像


 廃坑らしい良い雰囲気が漂ってます。
画像


 「史跡」に到着すると,鉱山で活躍した車両たちが出迎えてくれます。
画像

画像


 鹿角花輪駅で活躍したディーゼルも展示してあります。
画像

画像


 いかにも,これから坑内に入るぞ~と言わんばかりの雰囲気が素晴らしいです。
画像

画像


 そして本当に坑内に入ります。
画像


 この坑内の線路の感じにしびれます。
画像


 肝心の坑内の車両の写真が手振れとは・・・。情けない限りです・・・。
画像


 見学できる坑内の総延長は1.7kmで,日本最大規模だそうで,鉄道好きにとっても,かなりの見ごたえのある魅力的な施設でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック