日々のメモ帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 南部縦貫鉄道

<<   作成日時 : 2009/05/06 22:23   >>

トラックバック 1 / コメント 0

南部縦貫鉄道(その2)

 1962年千曳−七戸間開業。1968年千曳−野辺地間延長。1997年休止。2002年廃止。レールバスが有名で廃止後の今でもファンの多い鉄道ですが、今回はじめて現地に行ってみました(H21.5.3)。
 まずは起点の野辺地。奥に南部縦貫の駅舎があったそうですが、いまでは取り壊されてありません。
 
画像

 ちなみに、奥に整然と並んでいる木々は、1893年に造林された日本初の鉄道防雪林だそうです。ドイツ帰りの青年林学者・本田静六が、日本鉄道重役の渋沢栄一に鉄道防雪林整備の必要性を申し入れたところ、直ちに採用されたそうです。いまより明治期の方が自由闊達だったのかも・・・。

 沿線最大の交換駅「天間林」駅跡。かろうじてホームが残ってます。
画像



 「鉄道廃線後を歩く[(JTB)」では、ガーターが残っていた中野川橋梁ですが、いまは残念ながら橋台のみ。
画像


 反対側(七戸側)の橋台です。背後の築堤が崩れてしまっています。
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
南部縦貫鉄道(その2)
 南部縦貫鉄道(その1) ...続きを見る
かなや
2012/05/06 22:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
南部縦貫鉄道 日々のメモ帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる