日々のメモ帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 鴻之舞金山(鴻紋軌道)

<<   作成日時 : 2010/08/25 20:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 名寄本線の紋別駅跡に「もんべつ」の駅名標の隣に、鴻紋軌道記念碑が同格以上の扱いで並んでいます。
画像


画像


 ちなみに鴻之舞鉱山については、こちらのホームページ「オホーツク最大の産業遺産『鴻之舞金山と上藻別駅逓』」に勝るものはありませんので、そちらでどうぞ。

 紋別を起点に、かつては東洋一の金山と言われた鴻之舞鉱山を結んでいた鴻紋軌道跡をかいつまんで回ってみました。(2010.8.8撮影)
 鴻紋軌道は、1940年着工、1943年全通、1950年廃止という、とても短命な軌道ということもあって、また、夏で草が生い茂っている季節ということもあって、軌道跡もなかなか追いづらい状況でしたが、まずは、クッチャナイ川を渡る橋脚跡が見えました。
画像


 次に姿を現してくれたのが、鉱山の手前の宝橋の橋脚です。
画像


画像


 そして、鴻紋軌道最大の遺構、藻鼈(もべつ)川と道道305号を一気に越えて鴻之舞市街の中心部に入る末広鉄橋の跡です。今は送水管が通っているそうですが、送水管自体使われてないっぽいです。
画像


画像


 鴻之舞鉱山の市街地は原野に還ってしまってますが、かつての中心部には慰霊碑があり、その横に紋別駅跡と同じく鴻紋軌道記念碑がありました。
画像


画像


 有名な(!?)大煙突も健在でした。
画像


 その大煙突の撮影地点のすぐ隣には、かつての鉱員住宅跡が眠っていました。
画像


画像


 上藻別駅逓跡には、鴻之舞鉱山や鴻紋軌道の貴重な資料が展示されているそうですが、朝6時前ということもあって、今回は中を見ることはできませんでした。
画像


名寄本線(中湧別〜紋別)
名寄本線(紋別〜興部)
渚滑線(渚滑〜北見滝ノ上)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鴻之舞金山(鴻紋軌道) 日々のメモ帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる