日々のメモ帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 国鉄柚木線

<<   作成日時 : 2011/10/17 23:42   >>

トラックバック 2 / コメント 0

 国鉄柚木線(左石(ひだりいし)〜柚木(ゆのき)・3.9km)は、もともと1920(大9)年3月27日に佐世保軽便鉄道の一部として開業しました。その後、1936(昭11)年10月国鉄に買収され、産炭地域の盲腸線として運行されていましたが、1967(昭和42)年7月の水害の被害により、そのまま8月末で復旧せずに廃止となりました。
 柚木線廃止の原因となった水害をもたらした豪雨は気象庁によって「昭和42年7月豪雨」と名づけられています(結構そのまんまですが)。
 ちなみに訪問・撮影は2010.9.4です。

 まずは、国鉄松浦線(現松浦鉄道西九州線)との分岐駅だった左石駅です。
画像


 左石駅の構内です。向こう側のホームが柚木線の出発ホームだったようです。
画像


 左石駅から柚木側を望みます。いちばん左の草むらに隠れていってしまっている線路が柚木線の廃線跡です。当時は赤信号の左側をトンネルで抜けていたそうですが、今は道路になってしまってます。
画像


 沿線唯一の途中駅「肥前池野駅」の少し手前です。柚木線跡は、大体自転車道になってますので、追いやすいです。ただ、そうなると廃線跡らしきものはまったく残らないわけですが・・・。
画像


 肥前池野駅跡です。ご覧のとおり池野公園になってます。鉄道廃線跡を歩くZ(宮脇俊三編、JTB刊)では、ホーム跡が残っているとあり、写真も紹介されてますが、残念ながらすでに整地されていました。時はどんどん流れているんですね・・・。
画像


 終点柚木の少し手前の柚木線跡を利用した自転車道です。地元の人は普通に車で入っていってますが・・・。
画像


 終点の柚木駅跡。今はアパートになっていて面影はありませんが、レースバスが走っていた頃を想像して楽しむことにしておきます。
画像


 実は、上の写真の真ん中に写っている公民館(柚木町一組公民館)は柚木駅の駅舎をリフォームしたものだそうで、現存しているとは知りませんでした。今度行ったら(いつになるかわかりませんが)ぜひじっくり観察してみたいものです。(情報ソースは「アトリエ隼 仕事日記」様)
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
国鉄世知原線
 国鉄世知原線は、松浦線との分岐駅「肥前吉井」から「世知原(せちばる)」までの6.7kmを結ぶ産炭地域の盲腸線です。その点では、山を隔ててお隣の柚木線と似たもの同志という感じです。柚木線同様、炭鉱が閉山となって衰退し、1970(昭45)年12月25日に廃止となりました。 (訪問・撮影は2010.9.4です。) ...続きを見る
かなや
2011/10/21 00:14
国鉄臼ノ浦線
 国鉄臼ノ浦線は、佐々〜臼ノ浦の3.8kmを結ぶ松浦線の支線のような盲腸線で、柚木線や世知原線から運ばれる石炭を臼ノ浦港に運び出す役目をしていたそうですが、炭鉱の閉山によって、1971(昭46)年12月25日に廃止となりました。 ...続きを見る
かなや
2011/10/31 23:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
国鉄柚木線 日々のメモ帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる