日々のメモ帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 江差線、廃止から2か月後

<<   作成日時 : 2014/07/23 21:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 2014.7.21撮影ですので、2014.5.11廃止から正確には2か月と少し経ってますがとりあえず。
江差線廃止1週間後 その1
江差線廃止1週間後 その2

 まずは木古内ですが、旧木古内駅舎が解体工事中で、新幹線の駅仕様に衣替え寸前といったところでした。どんどんと時代は動いていきますね。
画像


 次の駅、渡島鶴岡です。それほど変わってないかも。
画像

画像


 お次は吉堀です。夏ということもあってか草が結構生えてます。
画像

画像

画像


 木古内町から峠越えで上ノ国町に。最初の駅が神明でした。
画像

画像

画像


 沿線唯一の交換駅だった湯ノ岱は、駅の待合室がそのまま代行バスの待合室に利用されてました。
画像

画像

画像

画像


 地元のNPO団体がJR北海道に許可を得て設置した天の川駅も健在でした。
画像


 次の宮越駅もまだまだ頑張ってます。残念ながらバスの待合室としては使われていないようですが。
画像

画像

画像


 宮越の集落には1998年3月に廃校となった上ノ国町立宮越小学校跡がありました。開校は昭和23年頃だそうで、戦後すぐに建てられたと思われるこの建物にも、しばらくは頑張って欲しいと思ってしまいます。
画像

画像


 桂岡駅跡。駅名が消されてましたが消す必要があるんでしょうか。集落の真ん中にあるので線路跡を地元の方が普通に往来してました。
画像

画像

画像


 中須田駅跡。こちらも駅名が消してありました。
画像


 上ノ国駅跡。こちらは駅名も消えてませんでしたし、駅の待合室が代行バスの待合室に転用されてました。なぜかホッとします。
画像

画像


 上ノ国から終点江差に向かう途中にある椴川を渡る鉄橋は健在でした。というより、見た限りでは江差線の鉄橋は基本的にまだそのままになっているようです。
画像


 江差駅手前の状況です。
画像


 この線路の切れたところが江差駅跡です。だいぶ草生してます。
画像


 江差駅跡です。残念ながら駅舎は封鎖されていて、湯ノ岱や上ノ国のようにバスの待合室として活用されてはいませんでした。少しもったいないような気がします。
画像

画像

画像

画像


 江差線の現役時の様子はこちら。
 木古内〜渡島鶴岡
 吉堀
 吉堀〜神明
 湯ノ岱〜宮越
 桂岡〜中須田
 上ノ国〜江差
 最終日(2014.5.11)
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
江差線、廃止から2か月後 日々のメモ帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる