日々のメモ帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 根室拓殖鉄道

<<   作成日時 : 2015/10/22 22:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 根室拓殖鉄道は、1929(昭4)年10月、根室〜婦羅理間開業。同年12月に婦羅理〜歯舞が開業。1959(昭34)年6月廃止となってます。跡は無いに等しいんですが、とりあえず追って見ようということで。(2015.9.20撮影)

 まずは起点の根室から。根室といっても、現在のJR根室本線の根室ではなく、少し離れた根室交通の有磯営業所の場所にあったそうです。営業所の建物も年季が入っていて、いい感じでバスが並んでます。
画像
 
画像

画像


 1995年9月5日に撮影した根室交通有磯営業所です。建物は20年前と全く変わってないようですが、バスの種類が全然違いますね。(画像が悪くて申し訳ない・・・)
画像


 根室の次の駅は友知(ともしり)です。今はバス停になってます。
画像


 友知バス停の向かい側。納沙布岬方面のバスが出るバス停です。最果て感がありますね。
画像


 友知の次は沖根婦(おきねっぷ)です。この瑞泉寺へ向かう道路が沖根婦駅前通りだったようです。地図的には青い小さな看板のあたりが駅跡だと思われます。
画像


 沖根婦の次の婦羅理(ふらり)駅跡ですが、歯舞中学校の裏あたりに位置しているので、さすがに入るのは断念しました。仕方なく終点の歯舞に向かいます。
 根室拓殖鉄道は、歯舞駅の手前で道道35号を渡りますが、民家の左側の芝のきれいな部分辺りが廃線跡だと思われます。
画像


 道道35号を渡ると、鉄道は左にカーブして、鉄塔のあたりを通っていたと思われます。
画像


 そして、終点の歯舞駅はこの診療所の辺りだったようです。
画像

画像


 診療所の向かい側のバス停や歯舞村役場跡の碑の方が雰囲気がありますね。
画像

画像


 大学時代に根室出身の教授に聞いてみたところ、小さい頃にボンネットのヤツが動いていたことを覚えているとの話で盛り上がりましたが、地域の人々にはなじみの鉄道だったようですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
根室拓殖鉄道 日々のメモ帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる